更年期障害に悩んでいるのは女性だけじゃない|男性にも起こる症状

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

女性だけの症状ではない

下を向く男性

ホルモンが大きく影響

更年期障害と言えば、女性が閉経前後に起こる様々な症状です。一般的に女性がなる病気としてとらえられていますが、実は更年期障害は男性でも起こり得る症状なのです。男性の場合、テストステロンというホルモンの影響により、この病気になります。男性ホルモンであるテストステロンは10代20代で分泌量がピークを迎えます。そして中高年になるにつれて徐々に減少するものです。テストステロンが減少することで起こる症状に、性欲の減退やEDなどが挙げられます。しかしテストステロンの減少が起こると、身体だけではなく精神的な面でも影響があります。テストステロン減少により、うつ症状や意欲減退、集中力低下、不眠、イライラも起こりやすくなります。

認知度が引く見つけにくい

こういった症状は中高年になると誰しもが感じるようになり、年のせいだからと気にしない人も多くいます。しかし、更年期障害が原因の可能性も考え、病院を受診して検査をしてみましょう。日本では更年期障害は女性だけのものという考えが多く、認知度が低いため男性がかかっていても気が付かないことが多いものです。しかし気が付かずに放置してしまうと、症状がどんどん悪化し、他の病気を併発する可能性もあります。女性と違い、閉経という明確なものがないために、男性はなかなか気が付くことがありません。睡眠障害、意欲低下、感情の起伏が激しくなったということを家族が感じることで更年期障害の発見に結び付くこともあります。うつ症状などがでないうちに、病院を受診しましょう。また、サプリメントを摂取することで、症状の改善や予防ができます。

飲めばよいのではない

グラス

水素水は、活性酸素を除去するということに効果があります。しかし、その効果は、長く続きませんので最も効果があるタイミングで摂取することが必要です。それにより、健康、美容、ダイエットで恩恵を受けることができます。

Read More

マイルドな味が人気

青汁

野菜不足を補うための青汁も、さらに栄養価を高めるために料理にプラスする取り入れ方も人気を集めています。そのままでは見た目の色から摂取しにくいものの、料理に加えることで色による難点も解消でき、野菜が苦手な方にも取り入れることが可能なテクニックです。

Read More

注目の抗酸化物質

メディシン

レスベラトロールは、昨今注目を浴びている抗酸化物質です。健康に良い成分として研究が行われています。葡萄の皮やピーナッツなどにも含まれています。サプリメントも販売されているので、手軽に取り入れることができます。

Read More