更年期障害に悩んでいるのは女性だけじゃない|男性にも起こる症状

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイルドな味が人気

青汁

応用してさらに栄養アップ

青汁は、スーパーやドラッグストアでも手に入れることができ、素材も無農薬や有機栽培など、こだわりのある素材のみで作られています。栄養価の高い時に収穫して製造されているため、国が推奨している量以上の栄養を補給できると人気を集めています。近年では様々なタイプがあり、粉末や液体、ゼリーやサプリメントなどが展開されています。工夫次第で様々な応用ができることでも人気があり、酵素を補うことで健康や美容にアプローチできます。子供には青汁に牛乳をプラスして骨太の成長を促したり、女性は豆乳で女性らしいラインを作り出したり、男性はスパイスが効いたカレーに入れることでスタミナをつけるなど、飽きることがないのも魅力の1つです。

栄養素がカギの健康食品

青汁はケール100%で作られている健康食品を指しており、苦味が強いものの、栄養バランスに優れており、高齢者の健康維持に愛飲されています。しかしながら、近年では野菜不足が若い世代で問題視され、飲みやすさ、摂り入れやすい青汁が市販されるようになっています。ケールが主原料であったものの、食物繊維やΒカロテンを多く含み、青臭さの少ない大麦若葉が主原料となり、さらに果物や甘味の強い野菜をブレンドしているのも特徴です。糖類はダイエットには不向きですが、野菜不足を補う目的ではオススメでき、特に成長期にあたる子供の必須栄養素を満たす青汁も増えています。さらに妊婦にも活用されているのも特徴で、ゴマ若葉にはカルシウムや葉酸が含まれているため、出産へ向けた身体づくりや、産後の母乳育児にも効果を発揮し、安心安全な無農薬である点も評価されている内容です。